映画 アニメ ラジオ 動画 ムビアニ!

映画・アニメ・ドラマ・ラジオ・動画などの感想や評価(個人的偏見)のブログ

空海 KU-KAI 美しき王妃の謎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空海 KU-KAI 美しき王妃の謎 

 

f:id:alkafi:20180917125006j:plain

【監督】

チェン・カイコー

【キャスト】

【ストーリー】

8世紀、遣唐使として日本から唐へやってきた若き僧侶の空海が、詩人・白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫っていく。

弘法大師としても知られる真言宗の開祖で、遣唐使として中国に渡った若き日の空海を主役に描く、日中合作の歴史ファンタジーミステリー。夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を原作に、「さらば、わが愛 覇王別姫」「始皇帝暗殺」の名匠チェン・カイコーがメガホンをとり、主人公の空海を海外作品初挑戦となる染谷将太が演じた。

空海の相棒となる白楽天を中国の人気俳優ホアン・シュアン、物語の鍵を握る楊貴妃を台湾出身のチャン・ロンロンが演じるほか、日本から阿部寛、松坂慶子らが参加している。

空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎 - Wikipedia

www.youtube.com

 ku-kai-movie.jp

 

 

歴史上において謎の多い人物

 

日本での真言宗・密教としての開祖であり、まだ生きているとも言われるほどの逸話もある。

 

弘法大師として有名になるまでの素性もはっきりとわかっていない、

個人的にとても興味のある人物!!

 

 

そんな空海のことが知れることに期待もしましたが、やはりそういった作品ではなくエンターテイメント性の強い作品でした。

伝記映画として諸説ある映画にするのは難しいのでしょう、予想していたので内容については落胆せずに観ることができました。

 

 

日中合作

よくある伝記ものの中国映画に仕上がっていましたね。

映像がきれいで、こういった作り方のカンフー映画は好きです♪

今作はミステリーとしての位置づけで、迫力には欠けました。

 

コミカルなシーン、美しい映像、ワイヤー。

完全な中国映画で邦画色は感じません。

でも、個人的には好きな中国映画ジャンルの作品です。

 

 

染谷将太の魅力は出ていませんでしたね、残念

 

安倍仲麻呂 役が 阿部寛

だったのは親近感と軽い笑いがありました♪

 

 

 

物語の感想

作品の内容についてはいたって目立つようなもはありません。

アクションシーンも少ないので迫力はありません。

その分に映像美が良かったのか?ともならず、残念

 

おそらくワイヤーダンス演舞に力を入れすぎていたと思います、でもたいしたシーンではありません。

 

空海、染谷将太、阿部寛がいなければ駄作と言える。

好きなジャンルの中国映画だったので最後まで観ることはできました。

 

 

それでは、

 

 

 

 

 

 

評価

 

空海 KU-KAI 美しき王妃の謎 

 

評価

 

1.8/5.0

 

です。