映画 アニメ ラジオ 動画 ムビアニ!

映画・アニメ・ドラマ・ラジオ・動画などの感想や評価(個人的偏見)のブログ

11月3日公開 走れ!T校バスケット部 期待と評価(2018)

 

食欲の秋!!

 

読書の秋!!!

 

 

そして、もちろん

 

 

映画の秋!!!!!

 

 

の始まりですね♬

 

 

 

平成最後の秋、皆さんはどういった映画ライフを送りますか? 

 

 

 

 

 

 

2018/11/03(土・祝)公開 

 

 

 

 

 

走れ!T校バスケット部

 

f:id:alkafi:20181020233505j:plain

【監督】

古澤健
【キャスト】

志尊淳  佐野勇斗  早見あかり

戸塚純貴  佐藤寛太  鈴木勝大

【ストーリー】

中学時代、バスケットボール部のキャプテンとして活躍した田所陽一(志尊淳)は強豪の白瑞高校に入学するが、部内でいじめに遭い退学する。通称T校と呼ばれる多田野高校に編入した彼は、成り行きで入部した弱小バスケ部で、次第にバスケへの熱意を取り戻す。やがて陽一らは、ウィンターカップで白瑞高校と対戦することになり……。

2007年に刊行後シリーズ化された松崎洋の青春小説を、『一礼して、キス』などの古澤健監督が映画化。いじめによってバスケットボールの強豪校を退学した主人公が、転校先の弱小バスケ部で勝利を目指して奮闘する。主演は『烈車戦隊トッキュウジャー』シリーズなどの志尊淳、チームのキャプテンを『3D彼女 リアルガール』などの佐野勇斗が演じる。役作りのため元日本代表の半田圭史の特訓を受けた二人が、白熱のパフォーマンスを披露する。

連戦連敗、向かうところ負けばかりの雑草チーム「T校バスケット部」。そんなT校に、バスケの強豪白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一が転入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、バスケットボールを辞めていた。もう二度とバスケはしない…。そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢…。陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す! 

www.youtube.com

tkoubaske.jp

 

 

テンプレートな青春スポーツ映画。

いつものパターンも嫌いではありませんが、どうせ映画にするのなら別パターンを見たいもの。

こういった作品は映画尺には向いてないと思う、ドラマで観たかったですね。

嫌いではないが、惹かれない。

ただそれだけ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

走れ!T校バスケット部 

 

評価

 

1.9/5.0

 

です。

 

 

 

 本日はこれだけ。

 

それではまた。