映画 アニメ ラジオ 動画 ムビアニ!

映画・アニメ・ドラマ・ラジオ・動画などの感想や評価(個人的偏見)のブログ

クリード 炎の宿敵 1/11(2019)公開

 

f:id:alkafi:20190108195328p:plain

 新年明けまして

 おめでとう

  ございます。

 

f:id:alkafi:20190108195534j:plain

 

さて

 2019年も行きましょう!!

 

 

コメントもお持ちしております! 

 

 

 

 それでは2019年1月の上映公開予定から行って見ましょう。

 

 

 

2019/01/11(金)公開

 

 

 

 

 

クリード 炎の宿敵

 

 

f:id:alkafi:20190108191927j:plain

【監督】

スティーブン・ケイプル・Jr.
【キャスト】

シルベスター・スタローン  マイケル・B・ジョーダン

テッサ・トンプソン  ウッド・ハリス

フィリシア・ラシャ  ドルフ・ラングレン 

 

【ストーリー】

1

ロッキー(シルヴェスター・スタローン)の指導を受け、ついに世界チャンピオンになったアドニス(マイケル・B・ジョーダン)に、リングで父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターが挑戦状をたたきつける。ロッキーの反対を押し切り、父のリベンジを誓い試合に臨んだアドニスは、ヴィクターの反則行為によって勝利する。しかしアドニスは、ボクサーとしてその結果に納得できなかった。

『ロッキー』シリーズでロッキー・バルボアと激闘を繰り広げたアポロ・クリードの息子を主人公に据えた『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。父の命を奪ったイワン・ドラゴの息子との戦いを軸に、クリードがさらなる成長を遂げる。監督は短編やテレビシリーズを手掛けてきたスティーヴン・ケイプル・Jr。シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダンらが前作に続いて出演している。

 2

ロッキーの指導のもと、ついに世界チャンピオンになったアドニス・クリード。その夜、アドニスは恋人のビアンカにプロポーズをする。一方、アドニスの父アポロをリング上で死に追いやった旧ソ連のボクサー、イワン・ドラゴの息子ヴィクターが挑戦状を叩きつけてきた。ロッキーとの試合に負けた後、ドラゴはすべてを失い、その憎しみが息子をハングリーなボクサーにしていたのだ。ビアンカの妊娠を知ったアドニスだが、ロッキーの反対を押し切ってヴィクターとの試合に臨む。

 

www.youtube.com

wwws.warnerbros.co.jp

 

 

まさかシリーズ化するとは。

スポーツ映画のシリーズはかなり難しいことだと思います。

スタローンは監督としては有能ですがロッキーを知らない人でも面白い作品に仕上がっていかがカギでしょう。

 ラストにどれだけの盛り上がりがあるか期待は少し薄いです。

 

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

クリード 炎の宿敵

 

評価

 

2.7/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この道 

 

f:id:alkafi:20190108192703j:plain

【監督】

佐々部清
【キャスト】

大森南朋  AKIRA  貫地谷しほり

松本若菜  小島藤子  由紀さおり

安田祥子  津田寛治  升毅

柳沢慎吾  羽田美智子  松重豊

【ストーリー】

大正7年(1918年)、独創的な作風で天才詩人と称される北原白秋(大森南朋)は、児童文学誌「赤い鳥」の刊行者・鈴木三重吉(柳沢慎吾)を介して音楽家の山田耕筰(AKIRA)と出会う。当時、子供たちのための歌がドイツ童謡を日本語訳したものか伝承のわらべうたしかなかったため、鈴木は二人に童謡を創作するよう持ち掛ける。彼らは衝突を繰り返しながらもお互いの才能を認め、「からたちの花」「この道」「待ちぼうけ」「鐘が鳴ります」などの童謡を生み出す。

詩人・北原白秋と音楽家・山田耕筰の伝記ドラマ。彼らが出会い、「からたちの花」などの童謡が生まれた背景を描く。メガホンを取るのは『半落ち』などの佐々部清。『ハゲタカ』などの大森南朋が北原を、ドラマシリーズ「GTO」などのAKIRAが山田を演じる。共演はドラマシリーズ「孤独のグルメ」などの松重豊のほか、貫地谷しほり、津田寛治、升毅、柳沢慎吾、羽田美智子ら。

文学を志し上京した北原白秋は、隣家の妻・俊子との逢瀬を、俊子の夫に見つかり姦通罪で捕まってしまう。白秋の才能を眠らすまいと考えた与謝野鉄幹・晶子夫妻らの尽力によって白秋は釈放されるが、恩も顧みず俊子と結婚する。だが俊子は家出、白秋は入水自殺を図るが蟹に足を噛まれ断念する。そんな折、日本人による“童謡”を創ろうと決起した鈴木三重吉は、白秋とドイツ留学を経て日本で初めて交響楽団を結成した音楽家・山田耕作に童謡創作の白羽の矢を立てる。

www.youtube.com

konomichi-movie.jp

 

 もっと様々な逸話作品を観たい。

この作品のような着眼点での映画は興味が沸きます。

観ないと何とも言えない微妙な作品。

観た後も微妙な感想になりそうですね、歌とマッチしていない作品になっていそうです。

何かが足りていないのかも。 

 

 

 

期待値評価

 

 

この道

 

評価

 

2.8/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画めんたいぴりり 

 

f:id:alkafi:20190108193417j:plain

【監督】

江口カン
【キャスト】

博多華丸  富田靖子  斉藤優

瀬口寛之  福場俊策  井上桂子

山時聡真  増永成遥  豊嶋花

酒匂美代子  ゴリけん  博多大吉

中澤裕子  高田延彦  柄本時生

田中健  でんでん

【ストーリー】

昭和30年代。戦後の面影が残る博多・中洲で、小さな食料品店ふくのやを開いた海野俊之(博多華丸)は、おいしいもので人を幸せにしたいという思いに駆られ、生まれ育った韓国・釜山でよく食べていた総菜・明卵漬から着想を得た明太子作りに乗り出す。理想の味を追い求め、ついに明太子の製造が本格化するが、明太子の大ファンだった元博多人形師・丸尾の死をはじめとする不幸の連続に打ちひしがれ、俊之は明太子作りを諦めてしまう。

博多名物・明太子を日本で初めて製造販売したふくや創業者・川原俊夫氏の人生をモデルにしたドラマ。博多を舞台に、明太子作りに励む男を映し出す。ドラマ版の監督を務めた『ガチ星』などの江口カンがメガホンを取る。お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸と博多大吉、福岡県出身の富田靖子やでんでんらが出演。ドラマ版では触れられなかったエピソードも描かれる。

昭和30年代の博多。戦後の復興が進む中洲の一角で、海野俊之は妻の千代子と食料品店「ふくのや」を営んでいた。俊之は「博多祇園山笠」に情熱を燃やすのと同時に、「おいしいもので人を幸せにしたい」との思いから、生まれ育った釜山の総菜をヒントに明太子作りに精を出す。試行錯誤の末、彼の作る明太子が軌道に乗り始めた矢先、大切な人の悲報が相次ぐ。明太子では誰も幸せにできないと自信喪失する俊之は、明太子作りを諦めてしまう…。

www.youtube.com

piriri_movie.official-movie.com

 

 

 

ほんわかして元気が出そうな映画。

博多華丸が役柄にあっていそうですね。

感動もできる作品なのでしょうか?

最後に涙がほろりと来るような物語であることを期待します。

 

 

 

期待値評価

 

 

映画めんたいぴりり

 

評価

 

2.9/5.0

 

です。