映画 アニメ ラジオ 動画 ムビアニ!

映画・アニメ・ドラマ・ラジオ・動画などの感想や評価(個人的偏見)のブログ

新作上映作品紹介2/22(2019)公開の評価と期待値

 

 

 

もう3月も目の前ですね。

 

まだ寒い日が続くので

 

暖かくして映画を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

2019/02/22(金)公開

 

 

 

 

 

 

 

 

アリータ:バトル・エンジェル 

 

f:id:alkafi:20190215174112j:plain

【監督】

ロバート・ロドリゲス
【キャスト】

ローサ・サラザール  クリストフ・ヴァルツ

ジェニファー・コネリー  マハーシャラ・アリ

【ストーリー】

1

数百年後の未来。サイバー・ドクターのイド(クリストフ・ヴァルツ)は、アイアン・シティのスクラップ置き場でアリータ(ローサ・サラザール)という意識不明のサイボーグを見つける。目を覚ましたアリータは、一切の記憶をなくしていた。だが、ふとしたことから並外れた戦闘能力を秘めていることを知り、なぜ自分が生み出されたのかを探ろうと決意する。やがて、世界を腐敗させている悪しき存在に気付いた彼女は、立ち向かおうとするが……。

木城ゆきとのコミック「銃夢」を、ジェームズ・キャメロンが脚本と製作を手掛けて実写化したSFアクション。未来を舞台に、圧倒的な戦闘能力を持つサイボーグ少女が失われた記憶を探る姿を活写する。メガホンを取るのは『シン・シティ』シリーズなどのロバート・ロドリゲス。『メイズ・ランナー』シリーズなどのローサ・サラザール、『ジャンゴ 繋がれざる者』などのクリストフ・ヴァルツらが出演する。ローサがモーションキャプチャーでサイボーグ役に挑む。

2

数百年先の未来。<アイアン・シティ>のスクラップの山の中で意識を失った状態で発見されたサイボーグの少女“アリータ”は、サイバー・ドクターの“イド”によって助け出される。目を覚ましたアリータだが自分の過去も、自分がいる世界についての記憶も一切ない。ある時自分が持つ並外れた戦闘能力に気付き、自らの出生の秘密を見つけようと決意する。その過程で世界の腐敗に気づき世界を変えようと挑むが……。

www.youtube.com

www.foxmovies-jp.com

 

 

 

楽しみな作品。

やはり日本の漫画の影響は強いですね。

映画尺の中にでもしっかりとまとめた作品に仕上がっていそうです。

 

 

 

期待値評価

 

 

アリータ:バトル・エンジェル

 

評価

 

3.7/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

THE GUILTY/ギルティ

 

f:id:alkafi:20190215174723p:plain

【監督】

グスタフ・モーラー
【キャスト】

ヤコブ・セーダーグレン  イェシカ・ディナウエ

ヨハン・オルセン  オマール・シャガウィー

【ストーリー】

1

警察官のアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)はある事件を機に現場を離れ、緊急通報司令室のオペレーターとして勤務していた。交通事故の緊急搬送手配などをこなす毎日を送っていたある日、誘拐されている最中の女性から通報を受ける。

主人公が電話の声と音を通して誘拐事件の解決を図ろうとする異色サスペンス。本作が長編初監督作となるグスタフ・モーラーが、緊急ダイヤルの通話を頼りに誘拐事件と向き合うオペレーターの奮闘を描く。ドラマシリーズ「北欧サスペンス「凍てつく楽園」」などのヤコブ・セーダーグレンが主人公を演じ、イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセン、オマール・シャガウィーらが共演している。

2

緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルムは、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は“電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い…。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか?

www.youtube.com

guilty-movie.jp

 

 

 

こういう事件実際にあったよね。

事実を元にした作品という紹介がないようですがどういうことでしょうか。

面白いと言わんばかりに予告で煽っていますが、ラストでこの作品の評価が決まりそうです。

おそらく駄作でしょう、その予想を裏切ってくれることを願う。

 

 

 

期待値評価

 

 

THE GUILTY/ギルティ

 

評価

 

2.9/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

翔んで埼玉

 

f:id:alkafi:20190215175444j:plain

【監督】

武内英樹
【キャスト】

二階堂ふみ  GACKT  伊勢谷友介

ブラザートム  麻生久美子  島崎遥香

成田凌  中尾彬  間宮祥太朗

加藤諒  益若つばさ  武田久美子

麿赤兒  竹中直人  京本政樹

【ストーリー】

東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)と出会い、惹(ひ)かれ合う。しかし、麗が埼玉出身であることが発覚し……。

人気コミック「パタリロ!」の作者である魔夜峰央の人気漫画を実写映画化。埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子と埼玉出身の転校生の県境を超えたラブストーリーが展開する。『ヒミズ』『私の男』などの二階堂ふみと『カーラヌカン』で主要人物を演じたミュージシャンのGACKTが主演を務める。『テルマエ・ロマエ』シリーズなどの武内英樹がメガホンを取った。

娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗の出会いから語られる…。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく…。 

www.youtube.com

www.tondesaitama.com

 

 

 

いいじゃん、いいじゃん!

たまに出て来るこの設定作品、好きですね。

県によって国が別れていることによっての、

ストーリー展開の破天荒なコメディーが観れそうですね。

 

 

 

 

期待値評価

 

 

翔んで埼玉

 

評価

 

3.4/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サムライマラソン

 

f:id:alkafi:20190215175906j:plain

【監督】

バーナード・ローズ
【キャスト】

佐藤健  小松菜奈  森山未來

染谷将太  青木崇高  木幡竜

小関裕太  深水元基  カトウシンスケ

岩永ジョーイ  若林瑠海  竹中直人

筒井真理子  門脇麦  阿部純子

奈緒 中川大志  ダニー・ヒューストン

豊川悦司  長谷川博己

【ストーリー】

長きにわたり鎖国をしてきた日本に、アメリカから海軍総督ペリー(ダニー・ヒューストン)が黒船でやって来る。彼と面談した幕府大老の五百鬼祐虎(豊川悦司)は、開国を迫られる。一方、安中藩主の板倉勝明(長谷川博己)はペリーが口にする和親条約というのは名ばかりで、アメリカの本当の狙いは日本への侵略だと疑っていた。江戸時代に行われた「安政遠足」を題材にした、土橋章宏の小説を原作に描く歴史ドラマ。現在の群馬県安中市にあった安中藩で催された遠足大会にまつわる物語を活写する。佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、豊川悦司、長谷川博己らが出演。メガホンを取ったのは『アンナ・カレーニナ』などのバーナード・ローズ。

時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里の山道を走る遠足を開催する。だが、この動きが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれる。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走りだす…。

www.youtube.com

gaga.ne.jp

 

 

 

とても興味深い日本の歴史作品。

飛脚などこの時代の日本人はマラソンレベルってどのくらいなのでしょうか。

テンポの良い物語の進みであれば、楽しんで観れそうです。

 

 

 

期待値評価

 

 

サムライマラソン

 

評価

 

3.2/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の彼女は魔法使い

 

f:id:alkafi:20190215180743j:plain

【監督】

清田英樹
【キャスト】

千眼美子  梅崎快人  春宮みずき

佐伯日菜子  高杉亘  不破万作

【ストーリー】

高校3年生の優一(梅崎快人)のクラスに、風花(千眼美子)という転校生がやって来る。その日以来、優一の周囲では不思議な現象が起こるようになる。風花は世界で最後の白魔術の継承者だった。優一は風花のことを好きになるが、ある事件をきっかけに彼女は失踪する。5年後に風花と優一は再会するが、それは白魔術と黒魔術の戦いの序章だった。

幸福の科学の大川隆法が製作総指揮と原案を手掛け、『さらば青春、されど青春。』などの千眼美子が主演を務めたファンタジードラマ。魔法使いのヒロインが運命の人と出会い、世界を守るため戦いに身を投じる。『君のまなざし』などの梅崎快人がヒロインに惹(ひ)かれる高校生を演じるほか、春宮みずき、佐伯日菜子、高杉亘、不破万作らが共演する。

「やっとみつけた!」高校3年生のある日、優一のクラスに転校生の風花が現れる。そのときから、優一のまわりで不思議な現象が起き始める。そう、風花は魔法使い。しかも世界で最後の“白魔術の継承者”だったのだ。優一は戸惑いながらも次第に心惹かれていく。しかし、ある事件をきっかけに突然、風花は姿を消してしまう。それから5年後、二人は偶然に再会を果たすが……。それは時空を超えた“白魔術と黒魔術の戦い”の始まりだった。

www.youtube.com

bokukano-maho.jp

 

 

 

まあ、そうくるよね。

 タイトル飽和時代、設定コラボ時代の中から生まれたいつものやつ。

リアリティの無さ、安いストーリー、冷める要因が消せないとただただ面白くない映画になってしまう。

今作は演者のそこそこの演技力でなんとか助かっていそう。

 

 

期待値評価

 

 

僕の彼女は魔法使い

 

評価

 

2.3/5.0

 

です。