映画 アニメ ラジオ 動画 ムビアニ!

映画・アニメ・ドラマ・ラジオ・動画などの感想や評価(個人的偏見)のブログ

映画ダンボ3/29公開(2019)評価と期待値

 

 

 

 

晴れ間が心地良い

 

春独特の強い風が吹いている。

 

 

 

 

 

 

2019/03/29(金)公開

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンボ

 

f:id:alkafi:20190319202652j:plain

【監督】

ティム・バートン
【キャスト】

コリン・ファレル  エヴァ・グリーン

マイケル・キートン  ダニー・デヴィート

ニコ・パーカー  フィンリー・ホビンス

【ストーリー】

1

サーカスで生まれた象のダンボは、耳が大き過ぎると笑われていた。だがサーカスの元スター、ホルト(コリン・ファレル)の娘ミリー(ニコ・パーカー)と息子のジョー(フィンリー・ホビンス)は、家族の一員としてダンボと接していた。ある日ミリーとジョーは、偶然ダンボが空を飛べることを知る。そのことが、ほかのサーカスを経営するヴァンデヴァー(マイケル・キートン)の耳に入る。

1941年製作のアニメ『ダンボ』をベースにした、オリジナル脚本によるファンタジー。『チャーリーとチョコレート工場』などのティム・バートン監督が、大きな耳を持つ象のダンボと出会った家族の物語を描く。『ロブスター』などのコリン・ファレルをはじめ、バートン監督の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』に出演したエヴァ・グリーン、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのマイケル・キートンらが出演している。

 2
ディズニーと、個性の素晴らしさを描き続けてきたティム・バートン監督が新たな「ダンボ」の物語を実写映画化。“大きすぎる耳”を持つ子象のダンボはサーカス団の笑いものだったが、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べるようになる。金儲けを企む興行師によって母象と引き離されてしまうダンボだったが、ダンボの姿に勇気付けられたサーカス団の仲間とともに、母象の救出に挑む!大空を舞うダンボが、世界中に“勇気”を運ぶファンタジー・アドベンチャー 

www.youtube.com

www.disney.co.jp

 

 

 

ディズニー実写にしては?

アニメーションとは違い実写版は大人向けにも作られている。

しかし、今作ではいつもの悪いクセが残っているような気がする・・・。

憎まれ役がなぜか悪者にされて物語が進む、

いつものヤツでないことを願いたい。

 

 

 

 

期待値評価

 

 

ダンボ

 

 

評価

 

2.1/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

We Margiela マルジェラと私たち

 

 

f:id:alkafi:20190319203456j:plain

 【監督】

メンナ・ラウラ・メイヤル

【キャスト】

ジェニー・メイレンス
ディアナ・フェレッティ・ヴェローニ
インゲ・グログニャール
ルッツ・ヒュエル
ハーレー・ヒューズ
パトリック・スキャロン
アクセル・ケラー
ヴィッキー・ロディティス
グレース・フィッシャー
ルチア・ザンニ
ソフィー・ペイ
マデライネ・バークハイマー
アルダ・ファリネッラ
リズ・パルマンティエ
スタニスラス・マリシェフ
アンダース・エドストローム

 【ストーリー】

1988年に「Maison Margiela」を立ち上げ、恵比寿、パリなどにブティックをオープンさせ、ユニークな作品を発表し続けたデザイナーのマルタン・マルジェラ。1997年を最後に公にされた写真はなく、2009年に表舞台から退いた。そのクリエイティブチームがマルジェラの素顔や葛藤の日々、タグの代わりに付けた白い布の意味などを語る。

ファッションブランド「Maison Margiela」のデザイナーのマルタン・マルジェラを追ったドキュメンタリー。メディアにはほとんど登場せず、インタビューでは「We」という一人称を常に用いたマルジェラの素顔を、ブランドの共同創設者であるジェニー・メイレンスをはじめとする関係者が語る。監督は、ドキュメンタリーを手掛けてきたメンナ・ラウラ・メイヤルが務める。

 

wemargiela.espace-sarou.com

 

 

 

興味深いドキュメンタリー。

何かを創造する者にはその人のこだわりがあるだろう。

創造者の考えや生き方に触れることができそうな作品。

 

 

 

期待値評価

 

 

We Margiela マルジェラと私たち

 

 

評価

 

2.4/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レゴ(R)ムービー2

 

 

f:id:alkafi:20190319204404j:plain

【監督】

マイク・ミッチェル

【キャスト】

(声の出演)
クリス・プラット  エリザベス・バンクス
ウィル・アーネット
(日本語吹き替え版)
森川智之  沢城みゆき
山寺宏一  坂本真綾
斉藤貴美子

【ストーリー】

襲撃事件から数年が経過したブロックシティは、荒れ果てていた。ある日、お気楽なエメットの前に謎の宇宙人が出現し、ルーシーやバットマンを連れ去ってしまう。仲間の救出に向かったエメットがたどり着いたのは、クイーンが支配する銀河で最も危険な惑星だった。

ブロック玩具をモチーフにした『LEGO(R)ムービー』シリーズ第2弾。主人公が謎の宇宙人にさらわれた仲間を救出するため奮闘する。監督を『シュレック フォーエバー』などのマイク・ミッチェルが務め、前作の監督だったフィル・ロードとクリストファー・ミラーは脚本を担当。日本語吹替版には、前作に引き続き森川智之、沢城みゆき、山寺宏一が名を連ねた。

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

 

子供の春休みには超ピッタリ!!

1が好調だったようで第2弾!

親御さんにも観ていてたのしいかもしれませんね、

お子さんと一緒に見に行くにはなかなかない程ちょうどよい作品!!

 

 

 

レゴ(R)ムービー2

 

 

評価

 

2.8/5.0

 

です。