映画 アニメ ラジオ 動画 ムビアニ!

映画・アニメ・ドラマ・ラジオ・動画などの感想や評価(個人的偏見)のブログ

4/26上映 アベンジャーズ/エンドゲームの期待値と評価(2019)

 

 

 

 

 

長期のGWですね♬

 

 

連休の人は

 

映画鑑賞ざんまい

チャンスです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/04/26(金)公開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アベンジャーズ/エンドゲーム

 

f:id:alkafi:20190423190711j:plain

【監督】

アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ
【キャスト】

ロバート・ダウニーJr.  スカーレット・ヨハンソン

クリス・ヘムズワース  マーク・ラファロ

クリス・エヴァンス

【ストーリー】

アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)らアベンジャーズとサノス(ジョシュ・ブローリン)が戦った結果、全宇宙の生命は半数になってしまう。宇宙をさまよいながらスーツの開発を続けるアイアンマンをはじめ、生き残ったキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)やソー(クリス・ヘムズワース)らは再び集まり、サノスへの逆襲を始める。

『アベンジャーズ』シリーズの完結編で、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でヒーローたちの前に立ちはだかったサノスとの戦いを描くアクション大作。人類の半数が失われた地球で、アベンジャーズのメンバーが再び壮絶なバトルを見せる。メガホンを取るのは、前作や『キャプテン・アメリカ』シリーズなどのアンソニー&ジョー・ルッソ。アイアンマンことトニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrらおなじみの面々が出演する。

 2
破格のメガヒットによって映画史を塗り替え続ける「アベンジャーズ」シリーズが、この春ついに完結。最凶最悪の敵“サノス”によって、人類の半分が消し去られ、最強チーム“アベンジャーズ”も崩壊してしまった。はたして失われた35億の人々と仲間を取り戻す方法はあるのか? 大逆転へのわずかな希望を信じて再び集結したアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちに残されたのは、最強の絆だけ──。“今はここにいない”仲間のために、最後にして最大の逆襲が始まる!

marvel.disney.co.jp

 

 

 

 

期待値マックス!!

ド迫力アクションだけでなくストーリーも良く練られた面白い作品。

シリーズ化の発表からそのまま期待に応えてくれました、

ビジネス的にも興行収入的にも大成功です。

今作は1つの区切りとなるのでしょうか、刮目して期待を込めて観守りたい!!

純粋に楽しみですね、結末にも期待!

 

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

アベンジャーズ/エンドゲーム

 

評価

 

4.4/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バースデー・ワンダーランド 

 

f:id:alkafi:20190423191239j:plain

【監督】

原恵一
【キャスト】

(声の出演)

松岡茉優  杏  麻生久美子

東山奈央  藤原啓治  矢島晶子

市村正親

【ストーリー】

自分に自信のないアカネは誕生日の前日、突如現れた謎の錬金術師ヒポクラテスと弟子のピポから世界を救ってほしいと言われ、骨董(こっとう)屋の地下室からつながるワンダーランドへ連れ出される。幸せな色に満ちたワクワクする世界は、色が消えてしまうという危険にさらされていた。ワンダーランドを守る救世主として期待されるアカネは、世界を救うための冒険に出る。

『クレヨンしんちゃん』シリーズなどの原恵一が監督したファンタジーアニメ。柏葉幸子の「地下室からのふしぎな旅」を原作に、世界を救ってほしいと頼まれた少女の冒険を描く。キャラクターデザインにロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブを起用。主人公の声を、原監督作『はじまりのみち』に出演した『勝手にふるえてろ』などの松岡茉優が務める。

 2
誕生日の前日、自分に自身がないアカネの目の前に突然現れたのは、謎めいた大錬金術師のヒポクラテスとその弟子のピポ「私たちの世界を救って欲しいのです!」と必死でアカネに請う2人。そしてアカネが無理やり連れて行かれた世界は、骨董屋の地下室の扉の先から繋がっていた<幸せな色に満ちたワンダーランド>!ふしぎな動物や人が住む世界から、色が消えてしまう!その世界を守る救世主にされたアカネが大冒険の果てに下した、人生を変える決断とは…?一生に一度きりの、スペシャルでワンダーな誕生日が始まる…! 

 

www.youtube.com

wwws.warnerbros.co.jp

 

 

 

 

夏アニメ映画の様な作品。

躍動感、ワクワク感、ユーモアの詰まったアニメ作品なのか。

楽しんで観れると思います。

声優の役者起用ですが違和感はないと思います、個人的には藤原啓治さん矢島晶子さんコンビが楽しみポイントです。

 連休に観るアニメにはピッタリでしょう。

 

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

バースデー・ワンダーランド

 

評価

 

3.9/5.0

 

です。