映画 アニメ ラジオ 動画 ムビアニ!

映画・アニメ・ドラマ・ラジオ・動画などの感想や評価(個人的偏見)のブログ

海獣の子供6/7公開作品 期待値感想(2019)

 

 

 

 

夏到来の様な

暑さの日々。

 

冷房の効いた映画館で

ゆったりと鑑賞したい。

 

 

 

 

 

 

2019/06/07(金)公開

 

 

 

 

 

 

 

 

海獣の子供

海獣の子供 

 

 

f:id:alkafi:20190606123738j:plain

【監督】

渡辺歩

【キャスト】 

(声の出演)
芦田愛菜  石橋陽彩  浦上晟周
稲垣吾郎  蒼井優  渡辺徹
富司純子  森崎ウィン  田中泯

【ストーリー】

自分の気持ちをうまく言葉にできない中学生の琉花は、夏休みの初日に部活でトラブルを起こし、居場所がなくなってしまう。彼女が父親が働く水族館を訪ねると、ジュゴンに育てられたという不思議な少年・海とその兄・空と出会い、彼らを通じて見たことのない世界に触れる。同じころ、海の生き物たちが日本へ移動し始めるなど、地球上でさまざまな異変が始まる。

「リトル・フォレスト」などで知られる五十嵐大介のコミックを、『鉄コン筋クリート』などのSTUDIO4℃の制作でアニメ映画化。居場所がない14歳の少女と不思議な兄弟の交流を描く。声の出演に『うさぎドロップ』などの芦田愛菜をはじめ、石橋陽彩、浦上晟周、稲垣吾郎らが集結。監督を『宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)』などの渡辺歩、音楽を久石譲が担当している。

 

www.kaijunokodomo.com

 

 

 

 

夏の公開を避けた作品。

普段より1ヶ月ほど公開が早いが夏の劇場アニメとして期待のできる作品でしょう。

音楽とのマッチ具合は良いものになっていると思います。

それでも自信の無さが作品に表れているかもしれない、そこが不安要素。

 

 

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

海獣の子供 

 

評価

 

3.3/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アラジン

 

f:id:alkafi:20190606124403j:plain

【監督]】

ガイ・リッチー
【キャスト】

メナ・マスード  ナオミ・スコット

ウィル・スミス

【ストーリー】

貧しいながらもダイヤモンドの心を持ち、本当の自分にふさわしい居場所を模索する青年のアラジン(メナ・マスード)は、自由になりたいと願う王女のジャスミン(ナオミ・スコット)と、三つの願いをかなえてくれるランプの魔人ジーニー(ウィル・スミス)に出会う。アラジンとジャスミンは、身分の差がありながらも少しずつ惹(ひ)かれ合う。二人を見守るジーニーは、ランプから解放されたいと思っていた。

アニメ『アラジン』を実写化したファンタジー。青年アラジンと王女ジャスミンの身分違いの恋と、魔法のランプに関わる冒険が描かれる。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー。メナ・マスードがアラジン、『パワーレンジャー』などのナオミ・スコットがジャスミン、『メン・イン・ブラック』シリーズや『幸せのちから』などのウィル・スミスがランプの魔人を演じる。

「美女と野獣」のディズニーが、あの「アラジン」を実写映画化。貧しくも清らかな心を持ち、人生を変えたいと願っている青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、“3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。
果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのか?胸躍る冒険と、身分を超えた真実の愛を描いた究極のエンターテイメント。 

www.youtube.com

www.disney.co.jp

 

 

 

 

続々と実写化!!

個人的に大人のディズニーアニメとして今回は、世界観の大好きな実写化作品ですね。

砂と黄金色と太陽の光。

成り上がりと願い事と魔法。

アニメ版と違和感がなく、すんなりと観てしまえる作りになっていると思います。

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

アラジン

 

評価

 

2.7/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

スノー・ロワイヤル 

 

 

f:id:alkafi:20190606125000p:plain

【 監督】

ハンス・ピーター・モランド
【キャスト】

リーアム・ニーソン  ローラ・ダーン

トム・ベイトマン  エミー・ロッサム

ジュリア・ジョーンズ  ウィリアム・フォーサイス

【ストーリー】

雪深い田舎町キーホーで模範市民賞を受賞した真面目な除雪作業員ネルズ・コックスマン(リーアム・ニーソン)の息子が、麻薬の過剰摂取で死んだように偽装される。地元の麻薬王バイキングの組織が関与していることを突き止めたネルズは、素手や銃、さらには除雪車を用いて敵を追い詰める。ところがバイキングは、敵対関係にある組織のしわざだと勘違いし、襲撃する。

ノルウェーのハンス・ペテル・モランドが、自身の監督作『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』をハリウッドでリメイク。除雪作業員の復讐(ふくしゅう)が、マフィアや警察を巻き込む戦いへと発展する。主人公を『96時間』シリーズなどのリーアム・ニーソンが演じるほか、『わたしに会うまでの1600キロ』などのローラ・ダーン、『オリエント急行殺人事件』などのトム・ベイトマンらが共演。

 2
雪深い田舎町で除雪作業員をしているネルズ・コックスマンは、模範市民賞を受賞するほど真面目な男。何ごともなく、穏やかな毎日を送っていた。地元の麻薬王バイキングの組織に息子が殺されたことに気づいたネルズは、その腕っぷしの強さで、手にした銃で、さらには“仕事道具”の除雪車を使い、組織の人間をひとり、またひとりと殺していく。そんなネルズの復讐を、バイキングは敵対する麻薬組織によるものと勘違いしてしまい……。 

www.youtube.com

snowroyale.jp

 

 

 

 

わお!!WOW!!

またリーアムの新作が観れる!!

おまけに面白そう!

リーアム作品のすべてを詰め込んだ様な作品。

これはかなりの期待!!!

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

スノー・ロワイヤル

 

評価

 

4.4/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町田くんの世界 

 

f:id:alkafi:20190606125742p:plain

【監督】

石井裕也
【キャスト】

細田佳央太  関水渚  岩田剛典

高畑充希  前田敦子  太賀

池松壮亮  戸田恵梨香  佐藤浩市

北村有起哉  松嶋菜々子

【ストーリー】

町田くん(細田佳央太)は運動や勉強が不得意で見た目も目立たないが、困っている人を見過ごすことのできない優しい性格で、接する人たちの世界を変える不思議な力の持ち主だった。ある日、町田くんの世界が一変してしまう出来事が起こる。

『舟を編む』などの石井裕也監督が、第20回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した安藤ゆきの漫画を映画化した青春ストーリー。優しい男の子の日常が覆る出来事が描かれる。主演は、1,000人を超える応募者の中からオーディションで選ばれた細田佳央太と関水渚。岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった俳優たちが共演している。また全編を35ミリフィルムで撮影した。

 2
運動も勉強も苦手で、見た目も普通な町田くん。しかし、彼には困った人の事は絶対に見過ごさず、接した人みんなの世界を変えてしまう不思議な力が…!?そんな町田くんに訪れた突然の出来事…。優しさに溢れていた“町田くんの世界”がひっくり返る! 

www.youtube.com

wwws.warnerbros.co.jp

 

 

 

 

予想できていなかった世界観。

 予告編で言うと、ただの青春ものだろうと思ってしまいした。

作品そのものがぶっとんだ内容というより予想を外した設定で、なかなか楽しめそうな作品ですね。

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

町田くんの世界

 

評価

 

2.8/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

パドマーワト 女神の誕生 

 

f:id:alkafi:20190606130705j:plain

【監督】

サンジャイ・リーラ・バンサーリー

【キャスト】

ディーピカー・パードゥコーン  ランヴィール・シン
シャヒド・カプール  アディティ・ラーオ・ハイダリー

【ストーリー】

13世紀末。シンガール王国の王女パドマーワティ(ディーピカー・パードゥコーン)は、西インドの小国メーワール王国の王であるラタン・シン(シャヒド・カプール)と恋に落ち、ラタンの妃になる。時期を同じくして北インドでは、叔父を暗殺した武将アラーウッディーン(ランヴィール・シン)がイスラム教国のスルタン(王)の座に就く。

16世紀に誕生したインドの伝記「パドマーワト」に書かれた物語を映画化。13世紀末のインドで、絶世の美女が一国の運命を左右する。『ミモラ −心のままに−』などのサンジャイ・リーラ・バンサーリーが監督を務め、『トリプルX:再起動』などのディーピカー・パードゥコーンのほか、ランヴィール・シン、シャヒド・カプールらが出演。

www.youtube.com

padmaavat.jp

 

 

 

 

インド映画は面白い。

映画大国インド。

バックに壮大な世界観と重み深みが隠れている。

特に近年では世界観もグローバルに親しみやすい様に作られているので見やすくなっている。

ダンスシーンにも期待したい。

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

パドマーワト 女神の誕生

 

評価

 

2.9/5.0

 

です。