映画 アニメ ラジオ 動画 ムビアニ!

映画・アニメ・ドラマ・ラジオ・動画などの感想や評価(個人的偏見)のブログ

新作映画7/5公開上映作品の評価と感想期待値(20019)

 

 

 

 

7月になりました。

 

今年の梅雨はまだもう少し留まりそうですね。

 

集中豪雨による川の氾濫が多くなるので、いつでも避難できるように用意しておきましょう。

 

家庭で映画に集中し過ぎて非難が遅れないように^^

 

 

 

 

 

 

2019/07/05(金)公開

 

 

 

 

 

 

 

Diner ダイナー

 

f:id:alkafi:20190703233533j:plain

【監督】

蜷川実花
【キャスト】

藤原竜也  玉城ティナ  窪田正孝

本郷奏多  武田真治  斎藤工

佐藤江梨子  金子ノブアキ  小栗旬

土屋アンナ  真矢ミキ  奥田暎二

【ストーリー】

孤独な女性オオバカナコは、怪しいサイトのアルバイトに手を染めたことでどん底に陥り、とあるダイナーにウエイトレスとして売られてしまう。重い鉄の扉を開けると強烈な色彩が広がるその店の店主は、以前は殺し屋だった天才シェフのボンベロ(藤原竜也)。そこは、凶悪な殺し屋たちが次から次へと現れる、殺し屋専用のダイナーだった。

『さくらん』『ヘルタースケルター』などの蜷川実花がメガホンを取り、藤原竜也が元殺し屋の天才シェフを演じるサスペンス。ある女性がウエイトレスとして身売りされた殺し屋専用のダイナーを舞台に、店主と店を訪れる凶悪な殺し屋たちの異様な世界を描き出す。原作は『「超」怖い話』シリーズなどが映画化されたホラー作家で、監督としても活動している平山夢明の第13回大藪春彦賞受賞作。

 2
一人ぼっちで人生どん底…ほんの出来心で怪しいバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活から転落したオオバカナコは、とあるダイナーにウエイトレスとして売られる羽目になってしまった。そこは、要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がる、カラフルで強烈な色彩美を放つ店内。店主と名乗る男は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」次々と現れる一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の最高にブッとんでいる世界に放り込まれたカナコ。物語は、一瞬たりとも目が離せない展開へと加速していく…。 

www.youtube.com

wwws.warnerbros.co.jp

 

 

 

 

なかなか面白そうな設定。

ハチャメチャ系のストーリーと配役が良いバランスでマッチした観やすい映画でしょう。

飽きさせずに最後まで楽しめそうです。

 

 

 

 

 

期待値評価

 

 

Diner ダイナー

 

評価

 

3.0/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

いちごの唄 

 

 

f:id:alkafi:20190703234037j:plain

【監督】

菅原伸太郎
【キャスト】

古舘佑太郎  石橋静河  和久井映見

光石研  清原果耶  小林喜日

大西利空  しゅはまはるみ  渡辺道子

ポール・マグサリン  山崎光  蒔田彩珠

泉澤祐希  恒松祐里  吉村界人

岸井ゆきの  峯田和伸  宮本信子 

 

【ストーリー】

笹沢コウタ(古舘佑太郎)は、唯一の親友である伸二(小林喜日)と共に、クラスメートの天野千日(石橋静河)を天の川の女神と呼んでひそかに崇めていた。しかしある日、伸二は千日を守ろうとして交通事故に遭い、死んでしまう。それから10年後の七夕に、コウタは高円寺で千日と偶然再会し、環七通りを散歩する。そして毎年七夕に会う約束をした二人は、1年に1日だけ顔を合わせるようになる。

ロックバンド「銀杏BOYZ」の詞曲を基に、『雪の華』やNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などで知られる脚本家・岡田惠和が書き下ろした小説を映画化。憧れのクラスメートと再会した青年が、彼女に再び思いを募らせる。メガホンを取るのは、ドラマ「トドメの接吻(キス)」などの演出を担当してきた菅原伸太郎。『アイムクレイジー』などの古舘佑太郎、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』などの石橋静河をはじめ、和久井映見、光石研、清原果耶、宮本信子らのほか、「銀杏BOYZ」の峯田和伸も出演した。

 2
コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日…また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。 

 

www.youtube.com

 

ichigonouta.com

 

 

 

 

 

あの頃の青春。

昔懐かしあの日々に感じた甘酸っぱさ、それぞれの世代に共通するような青春。

そして物語の真実。

面白みのある設定をよりよく表現するには演技力が必要です。

今作のキャスト陣はそこそこ揃っていそうですね、

むしろ若手は良いがそれ以外は微妙な可能性もあり。

 

 

 

 

期待値評価

 

 

いちごの唄

 

評価

 

2.9/5.0

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

安市城 グレート・バトル

 

 

f:id:alkafi:20190704000328j:plain

【監督】

キム・グァンシク

【キャスト】

 

チョ・インソン  ナム・ジュヒョク
パク・ソンウン  ペ・ソンウ
オム・テグ  ソリョン
ソン・ドンイル  パク・ビョンウン
オ・デファン

【ストーリー】

西暦645年。朝鮮半島の支配をもくろむ唐の皇帝・太宗(パク・ソンウン)は、20万人を超える大軍を率いて高句麗へと攻め込み、都の平壌を目指そうとしていた。各地の城が次々と陥落していく中、安市城の城主ヤン・マンチュン(チョ・インソン)は、国、そして高句麗の民を守るため、わずか5,000人の兵を率いて戦いに挑む。

唐による高句麗侵攻を題材に、大軍に立ち向かった高句麗・安市城の戦士たちを描いた歴史アクション。『僕のヤクザみたいな恋人』などのキム・グァンシクがメガホンを取り、『銀魂』などのチャン・ジェウクが武術監督を担当した。実際に存在した伝説の武将を『ザ・キング』などのチョ・インソンが演じ、ナム・ジュヒョク、パク・ソンウン、ペ・ソンウらが共演した。

 

 

 

 

韓国ファンタジー映画は素晴らしい。

韓国映画の舞台がリアル世界や現代社会のものよりも、こういったファンタジーの様な世界観の作品はとても信頼が持てる。

韓国役者陣との相乗効果もあって面白い作品が多い。

今作もその中のひとつでしょう。

 

 

 

 

期待値評価

 

 

安市城 グレート・バトル

 

評価

 

3.2/5.0

 

です。